粉瘤(アテローム)

粉瘤とは

粉瘤とは良性の皮膚腫瘍の一種で、アテローム、もしくは表皮嚢腫と呼ばれています。一見脂肪の塊のように見えますが、皮膚の内部が袋のようになり、その患部に皮脂や角質が溜まって皮膚がふくらむ疾患です。
主に、背中や首、顔面に発症することが多いですが、身体全体のどの部位にも形成されやすく、また多発する例も多く見られます。
そのほか、粉瘤には以下のような特徴が挙げられます。

  • 患部を押すと、嫌な臭いのする皮脂の塊が出てくる場合がある
  • 黒や青色に変色することがある。
  • 異常な速さで大きくなることがある。
  • ニキビのように放置して治ることはない
  • 潰すと炎症や感染の原因になるため、余計に大きくなる
  • 細菌が皮膚の内側に侵入した場合、痛みや腫れが生じる(炎症性粉瘤)

粉瘤の原因

何らかの理由によって、皮膚の内部にめり込んで袋状の腫瘍をつくり、その中に皮脂や角質が溜まって徐々に成長していく疾患です。毛穴のあるところに生じる場合が多いですが、毛穴がない部位でも起こるため、小さな傷がきっかけとなり皮膚が内側へめり込むのが原因ではないかと考えられています。虫刺されなどの掻きむしりやピアスの穴、ニキビ跡なども原因のひとつとなるようです。また、ヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスが影響していることも分かってきました。なぜ、正常に皮膚が剥がれ落ちずに、皮膚の内側にめり込むのかという根本的な原因は明らかになっていません。


粉瘤治療の特徴

根本的な治療は、主に手術による粉瘤の切除です。良性腫瘍のため、治療を行わなくても命に関わることはありませんが、症状は進行していくので早い段階で治療を行う方が患者さんにとって負担が少ない治療を選ぶことができます。
当院では、局所麻酔を用いた粉瘤の日帰り手術を行っています。粉瘤の手術は、切開法とくりぬき法の2種類があります。切開法は、局所麻酔をしてから切開し、腫瘍の袋と内容物を取り出したあと、縫合します。ガーゼの付け替えを数日から1週間ほど継続しながら炎症を鎮めます。状況に応じて、抗菌薬や痛み止めを内服します。小さな粉瘤の場合は、くりぬき法を行うことがあります。
当院では、基本的には切開法による日帰り手術を実施しています。どちらの方法でも日帰り手術は可能です。
ただし、炎症性粉瘤へと進行している場合は、一旦排膿処置をして炎症を鎮めてから後日に手術を行います。患部を少し切って、膿を出します。排膿処置で炎症が治まっても、そのまま放置してしまうと炎症が再燃する場合があるので、その前に根治手術をすることをお勧めしています。
日本外科学会指導医及び専門医の経験のある院長が、正確な診断と丁寧で傷跡の残りにくい手術を行っています。気になる症状がある方は、お気軽にご相談ください。

粉瘤は、ニキビのように放置していても自然に治ることはありません。炎症や感染を起こすことで、患部の切除範囲が広がったり、粉瘤の袋の範囲を決めるのも困難になってしまいます。粉瘤がある場合は、触ったり潰したりせず、炎症が酷くなる前にできるだけ早めにご相談ください。

粉瘤の日帰り手術

当院では、粉瘤の日帰り手術を行っています。日帰り手術のメリットを以下に挙げてみます。

  • 局所麻酔による日帰り手術なので身体への負担が少ない
  • 仕事や育児、介護などがある方でも日常生活への影響を最小限に抑えられる
  • 入院手続きやご家族による身の回りのお世話がいらない
  • 治療費用を安く抑えられる

日帰り手術・局所麻酔での治療内容は、基本的に全身麻酔時と同じです。手術の工程が省かれることなく、同じ結果を得られることを前提として実施しているので安心してご相談ください。また、痛みに弱い、怖いなどの不安が強い方には、静脈注射での全身麻酔を行ったうえでの処置も可能です。

保険適用

粉瘤手術は、健康保険が適用されます。以下、3割負担時の費用です。1割負担の方は、この費用の3分の1を目安にしてください。

部位 費用
露出部の2㎝未満の粉瘤 5,310円~5,910円
露出部の2~4㎝の粉瘤 11,340円~11,940円
露出部の4㎝以上の粉瘤 13,410円~14,010円
露出部以外の3㎝未満の粉瘤 4,170円~4,780円
露出部以外の3~6㎝の粉瘤 10,020円~10,630円
露出部以外の6㎝以上の粉瘤 12,810円~13,420円

※上記の手術費用以外に、初診料、再診料、処方料、薬剤料などが加算されます。

粉瘤に対する予防

粉瘤に対する予防粉瘤は、皮膚が内側にめり込んで出来る良性の腫瘍です。年齢や男女関係なく、誰でもできる疾患ですが、根本的な原因が分かっていないため、予防法がありません。
傾向として、背中や首、顔面に形成されやすい傾向があるので、時々触りながらしこりがないか確かめるのも良いですね。
また、粉瘤が大きく、炎症を引き起こしてしまうと、手術治療の際の心身への負担が大きくなってしまいます。粉瘤の症状に気付いたら、放置せずになるべく早めにご相談ください。


他院への紹介

粉瘤が、顔面や肘関節など、重要な神経がある部位にできた場合は、形成外科や整形外科をご紹介しています。

TOPへ