検査・院内設備

受付・待合室

受付・待合室

  • 生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質代謝異常)・肝臓病・禁煙などのポータブルDVDをご用意してますので、待ち時間などにご利用の方は受付にお申し出ください。
  • また中~高度難聴の方は、デジタル補聴器(フォナック製)をご用意しておりますので必要の方は院内にてご利用ください(現在1器)。
  • 院内には無線LAN(FREE Wi-Fi)を配備しておりますので、モバイルPCやスマートフォンなどご利用の方は、ご自由にお使いください。
  • 問診入力や調べ物ができるデスクトップパソコン(誰でも自由に使用できます)
  • 待合座席間にアクリル板を設置
  • 院内は常に二酸化炭素(CO2)濃度を測定し1000ppmに近づくと換気を行っております

検査

  • X線(レントゲン)検査(CR)
  • 画像診断ファイリングシステム(コニカミノルタ:REGIUS,Unitea)
  • 電子カルテ(BML:メディカルステーションS)
  • 透視対応(胃透視・大腸透視)
  • 腹部・頸部(頸動脈・甲状腺)・乳腺・心臓超音波診断装置

そのほか骨密度測定器、心電図(24時間ホルター心電図対応)、呼吸機能検査(スパイログラム)、簡易聴力検査、自動血球測定装置、呼気中一酸化濃度測定装置など

上部・下部内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)はもちろんのこと、胃や大腸のポリープの切除も行います。内視鏡自動洗浄器を使用して内視鏡を常に清潔に保ち感染を防ぎます。

上部・下部内視鏡検査
内視鏡自動洗浄器

当院では、「NBIを搭載した最先端の拡大内視鏡システム」を採用しています。

NBI:Narrow Band Imaging 狭帯域光観察

通常観察では見えにくい小さな病変を特殊な青い光で見えやすくします。早期がんなどの病変の発見率向上のため注目を集めている内視鏡技術です。

拡大観察機能(高倍率工学ズーム)

内視鏡で病変と疑われる場所を見つけた場合、顕微鏡のように高倍率拡大して観察することができます。この機能が、より精度の高い病変診断をサポートできます。

早期予防を

超音波診断検査

超音波診断検査

腹部超音波検査:肝臓の状態(肝硬変や肝臓がん)、胆石、腎臓や膀胱結石、膵ぞう腫瘍、腹水などの異常を調べます。
心臓超音波検査:心肥大や心臓の動き・機能の評価、心臓弁膜症などをチェックし治療に生かします。
頸動脈エコー:動脈硬化の程度やコレステロールの沈着(プラーク)をチェックし、治療に生かします。甲状腺も調べます

超音波診断検査

超音波診断検査

超音波診断検査

リハビリテーション

頚椎・腰椎牽引、ウォーターベッドマッサージ、高周波・低周波治療器・半導体レーザー治療器等で治療を行います。

スーパーテクトロンHP400(ダムアクセス波)

リハビリテーション
リハビリテーション

人体の皮膚には電気に対する抵抗が有り、その抵抗は周波数が低いほど大きく、周波数が高いほど小さくなる特徴があります。テクトロンは、従来の低周波治療 器に比べ周波数が高く、皮膚インピーダンスが非常に低くなり、皮膚で消費される電気エネルギーが減少するため、不快と感じることが少なくなります。また、絶えず波形や周波数、電圧、電流を変化させることにより、治療部位には十分な刺激を、治療患部には鎮痛効果を、臨床面、リハビリ領域においても効果が期待 できます。

メディレーザー10

◎メディレーザー10 半導体レーザー治療器を導入・設置致しました。

TOPへ