お知らせ

◆ 新型コロナウイルスワクチン接種について

接種費用と開始時期

今回実施する新型コロナウイルスワクチン接種は無料です(全額公費)。4月12日ごろから、65歳以上高齢者、高齢者施設入所中の方など、順次接種を行っていく予定です。

接種が受けられる場所

高血圧、糖尿病、脂質代謝異常などの基礎疾患のある方は「かかりつけ医(当院)で接種可能です。接種券がお手元に届きましたらご連絡ください。それ以外の方は各市町村で、白石町の方は健康センターにて行う予定です。また、長期の入院者や高齢者施設入所者など移動が困難な方は、施設管理者または主治医にご確認ください。

接種の優先順位は

(1)  医療従事者等 
(2)  高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)  基礎疾患を有する方、高齢者施設等の従事者、60~64歳の方   
(4)  上記以外の方                となっています。

接種回数と接種の間隔

現時点で承認されているファイザー社のワクチン(コミナティ筋注)は、2回の接種が必要です。
このワクチンは、通常、1回目から3週間後(3週間後の同じ曜日)に2回目を受けていただくことになっています。 
1回目の接種から3週間を超えた場合、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくことになります。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
 また、職場で全員に必ず接種するよう求めたり、周囲の方に接種を強制したりすることは致しません。

接種後の副反応

新型コロナワクチンに限らず、接種後にはワクチンが免疫を付ける反応を起こすことによる副反応が生じる可能性があります。

副反応としては、現時点で承認されているワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み(筋肉痛)、疲労、頭痛、発熱等が出る場合があります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。まれにアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が出ることがあるため接種後通常15分から30分間、その場で観察を行う必要があります。極めて稀ですが、治療を要したり、障害(重度の後遺症)が残ったりする場合があります。予防接種による健康被害は救済制度(費用の公費負担)の対象となる場合があります。

 

◆ がん検診受診者が3割減少し、約2.000人のがん患者さんが無治療となっている可能性があります。

新型コロナウイルスの影響で、がん検診受診者(胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がん)が例年より約3割(173万人)減少しています(日本対がん協会:佐賀新聞掲載)。2019年の受診者は567万人で、2020年は394万人と減少、そのうち約1.000~2.000人のがん患者さんが見つかっていない可能性があります。胃がん大腸がんは、無症状の早期のうちに見つけて内視鏡治療を行えば、腹腔鏡を含みお腹を開けなくても完治することができます。特に大腸がんは6~10mmほどのポリープのうちにポリペクトミー(内視鏡的切除)を行うことで完治し、また前がん病変を切除しておくことでがん予防にもつながります。がんは発見が遅れると進行して生存率が下がるだけでなく、生活の質が下がってしまう大手術や抗がん剤・放射線治療などを受けなければならなくなります。 早めに検診を受けておきましょう。 当院での胃カメラや大腸カメラは、麻酔科を標榜している院長が安全に鎮静を行うことによって寝ている間に内視鏡検査を受けることができます。

◆ 究極の老化(高齢者タウオパチー)

第7回 認知症治療研究会(3月14日)に参加しました。
 年をとってくると認知症ではないけれども、少しずつ記憶力や判断力が衰えていくことを、なんとなく実感されている高齢者の方は多いと思います。(病気ではない)生理的な脳の老化は、タウという蛋白質だけ脳に蓄積することがわかってきました(アルツハイマー型認知症ではアミロイドと一緒にタウが蓄積します:老人班)。この状態を高齢者タウオパチーといいます。家族にはほとんど迷惑はかからず、その人らしく老いていく。もの忘れは確かに進んでいるが、普段の生活はそれほど困らないので、「究極の老化」、「理想的な脳の老化」ともいい、85 歳を超えると増えてきます。ただし中には、頑固さや怒りっぽさが目立つようになって、家族が扱いに困るような嗜銀顆粒性認知症:AGDと呼ばれる高齢者タウオパチーもあり、この場合はたとえ100 歳近い方でもちゃんと治療すると、もとの「穏やかさ、その人らしさ」を取り戻します。
 従来のアルツハイマー型認知症(AD)の約1~3割に高齢者タウオパチー(神経原線維変化型老年期認知症:SDNFT、嗜銀顆粒性認知症:AGD、びまん性神経原線維変化病:DNTCなど)が含まれていることがわかってきました。これらの患者さんは,もの忘れが主体で区別が困難ですが、病理学的には老人斑を欠くことが特徴で、ADの病理とは明らかに異なります。その進行はゆっくりで、老人斑を画像化できるアミロイドイメージングの登場によって,高齢者タウオパチーはアルツハイマー型認知症と区別できるようになってきました。このことは、認知症の患者さんの治療と予後を考える上でとても重要なことと思われます。

認知機能の改善に最も効果的なのはプレタール(シロスタゾール)であり、特にレビー小体型認知症に有効なことが再認識されました。またリバスタッチ(リバスチグミン)は認知症や脳卒中後の意識障害に効果があり、術後せん妄にも有効であることがわかりました。また、側頭葉てんかんによる意識障害にはデパケン(バルプロ酸)をうまく使うことで改善されることがわかりました。

◆ 新型コロナウイルス感染の検査について

白血球(WBC)やCRPなどの血液検査のほか、感染の既往(血液の抗体検査:結果は判定まで20分)、発熱など発病してから2~9日までの間の感染診断(鼻腔粘膜の抗原検査:結果判定まで40分)、無症状または確定診断および県移動・海外渡航などウイルス感染の遺伝子検査(唾液のPCR検査:結果は翌日)は、自費 または行政検査(保険適応)でできます。必要なかたはご連絡ください。 

7月4日(日曜)在宅当番医のご案内

7月4日(日曜)(9時~17時)は在宅当番医です。本年4月から内科・外科の区別がなくなりました。 休日診療をご希望される方は、まずはお電話頂き保険証をお持ちになって受診してください。 パソコンまたはスマホの当院ホームページから事前WEB問診をご入力ください。

ホームページをリニューアルしました。

森外科医院の新しいホームページを公開しました。 ツイッターにも情報を発信していきますのでご覧ください。 WEBからも 問診・問い合わせ・予約など受付いたします。

TOPへ