肩関節周囲炎(五十肩)

あなたの肩の状態をチェックしてみましょう!

こんな症状はありませんか?

  • 肩が痛くて眠れない
  • 頭に手をやると肩が痛む
  • 上着が脱ぎにくい
  • エプロンのひもが結びにくい
  • 腕や肩があがらない
  • 肩に水がたまってはれているよう

●運動痛・・・・肩を動かすと痛い  ●夜間痛・・・・痛みで眠らない  ●挙上障害・・・・自力で上がらない   

●インピンジメント徴候・・・・腕を上下すると水平あたりでひっかかる

これらは肩関節周囲炎(五十肩)の初期症状の可能性があります。
あてはまる症状がある場合は、当院にご相談ください。

肩関節周囲炎とは

肩関節周囲炎は、いわゆる五十肩ともいわれ、50歳ぐらいから症状が出てきます。肩に痛みが出て眠れなくなったり、腕を上げたり、回したりすることがつらくなります。髪の手入れといった日常動作が困難になります。

原因は、骨や関節が老化して肩関節周囲の組織に炎症が起こるためです。この病気は時期がくれば自然に治るといわれています。

しかし、治りにくい場合もあり、日常生活の不自由が続くだけでなく、精神的にうつ傾向になったり、運動障害が残ってしまうことがあります。

肩関節は「関節包」という袋でおおわれています。まず何らかの原因で、この関節包に炎症が起こり、肩に痛みが生じます。炎症に伴って関節包の膜が厚くなったり、硬くなったりするため、関節を動かせる範囲が狭くなります。炎症は、肩峰の下にある「滑液包」や、関節の周囲にある筋肉などにも広がっていきます。

 
 
 
 
外側の上腕二頭筋,広背筋,上腕三頭筋の状態も調べる(拘縮や形・硬さなど)必要ですが、中の筋肉(インナーマッスル)の拘縮で起こる事が多く、痛みも長引く慢性の症状になる場合がほとんどです。

治療法にはどのようなものがありますか?

痛いときは安静を保ち無理な運動はひかえます。湿布などの外用薬や消炎鎮痛の内服薬を使用し、痛みが強いときは、ヒアルロン酸の関節内注射やステロイド剤の注射を行います。

痛みが治まってくると、肩関節の動きが悪くなることがあるので温熱療法や運動療法、ストレッチなどを行います。

五十肩の予防と再発防止

ヒアルロン酸(鎮痛薬、ステロイドなどを含むことがあります)注入療法

肩関節もひざ関節と同様に鎮痛薬(飲み薬や張り薬)や関節内注射(ヒアルロン酸・鎮痛剤やステロイド剤)など、薬を用いて痛みや炎症を抑えます。
軟骨の弾力性と関節液の粘り気を保つ「ヒアルロン酸」注入、ヒアルロン酸は、軟骨と関節液の成分の一つです。カレイなどによりヒアルロン酸が減少すると、軟骨はすり減りやすくなります。
健康食品やサプリメントの効果については、いろいろな研究が行われていますが、医学的・科学的根拠が十分なものはありません。
ヒアルロン酸を直接関節内に注射することで、関節機能を改善したり保つことができます。(図は膝関節の場合です)

薬物療法

通常、1週間に1回、5週連続で注射します。その後は、症状に合わせて回数を増減調整します。

TOPへ