お知らせ

◆ 最新のハイビジョン極細経鼻内視鏡を導入

  細さを極める。彩を極める。「GoXsai」スクリーニングスコープ GIF-1200N

  •  低ノイズハイビジョン画像
    新しく開発されたCMOSイメージセンサーによりノイズの少ないハイビジョン画像を実現しました。また、改良された光学系と、高精度のレンズ組み立て技術の確立によって、明るさを確保し、微細な血管や粘膜の表面もリアルに再現することが可能となり、正確な診断をサポートします。
  • 極細径挿入部
    患者様への経口または経鼻挿入における苦痛低減を目指し、挿入部にはより柔らかい素材を採用いたしました。同時に十二指腸への挿入性に貢献する適度なバランスを保っております。

「オエッオエッ」としない、苦痛のないスクリーニングスコープ


口からの胃カメラでは舌の根元に触れて嘔吐反射(オエッとなる)が起こりつらい検査となってしまいます。
鼻からの胃カメラ検査では舌の根元を触らないためオエッとなりにくく楽に検査を受けられます。

それでも鼻から通すのは嫌だと思われる方は、口からの胃カメラも可能ですし、また鼻の狭い方・鼻づまりの方は鼻からカメラが入らない場合もあります。その場合には口からの胃カメラとなりますが、下記の通りカメラが細くなったので従来よりも苦痛は軽減されますし、鎮静剤をつかって眠ったままの検査も可能です。

ご希望にそって挿入経路を選択いたします。

従来よりも細い胃カメラを使用可能

従来の胃カメラは11mm前後の太さです。当院では6mm前後の胃カメラを使用し従来の約半分に細くなっており苦痛を和らげます。

TOPへ