お知らせ

◆ コロナワクチン接種後「抗体ができているか」調べてみませんか。

新型コロナウィルスのmRNAワクチンのしくみ

ワクチンを接種することで、コロナウィルスが人の細胞に感染するために
必要なスパイクタンパク質をブロックする抗体が産生されます。

 新型コロナウイルスのワクチン接種、すでに2回の接種を終えられた方もいらっしゃると思います。日本で最初に採用されたファイザー社製のmRNAワクチン「コミナティ筋注」は臨床試験の結果、95%以上の高い発症予防効果が報告されていますが、ほんとうに自分自身がきちんと抗体を獲得できているか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 今まで行われてきた「抗体検査」は主にウイルスの遺伝情報を収納しているヌクレオカプシド(N)というタンパクに対する抗体であり、既感染の判定には有用であるものの、ワクチン接種後の抗体獲得の判定には不適でした。
 mRNAワクチンは、ウイルスの表面に存在し感染の成立に重要な役割を果たすスパイクタンパク質(S)に対する抗体を誘導することで、COVID-19の発症予防効果を発揮し、新型コロナウイルスのワクチン接種後の抗体獲得を示す良い指標であり、ウイルスとヒト細胞との結合を阻害する中和抗体としての活性をもっていると考えられています。
 当院では今まで過去の感染を正確に判定するヌクレオカプシド(N)に対する抗体検査も行っていましたが、新たにスパイクタンパク質(S)に対する定量的なIgG抗体検査ARCHITECT SARS-CoV-2 IgG II Quant(Abbott社)も行っていますのでご案内いたします。

 ・ワクチンを接種したが、自分に本当に抗体ができているのだろうか?
 ・旅行先などで、ちゃんと抗体を持っていることを証明したい。
 ・基礎疾患をお持ちのご家族などと同居あるいは接するので、きちんと抗体を保有していることを を証明したい   などの方に有用です。  

自由診療で 5.000円(税込)、証明書(診断書)が必要な方は、6.000円(税込)となり、結果は1-2日で判明いたします。

抗体検査の違いについて

未感染者のワクチン接種後の抗体値の推移

新型コロナウイルスに対するIgG抗体は、2回目接種後大幅に上昇する傾向があります。(1回目接種後、28日目までに上昇する傾向があります。)

出典 :Clinical evaluation of the Abbott Alinity SARS-CoV-2 spike-specific quantitative IgG and IgM assays in infected, recovered, and vaccinated groups(Feb19, 2021)

※ 抗体を保有していても、わずかながら感染のリスクはございます。感染予防は引き続き必要です。
※ 2回目のワクチン接種後、28日間以上経過した方が対象となります。基本的にワクチン接種1回終了後では実施しておりませんが、2回目を接種できないという方は検査可能です。
※ ワクチン接種が必要かどうかの判断には用いることが出来ません。

抗体検査 (定量) 血液(コロナワクチン接種後の判定に有用)アボット社  1~2日 5,000円(税込)+診断書(1.000円税込)
TOPへ